冬鳥を見に! 静岡県立森林公園へ/広報はままつ2021年2月号のこぼればなし
見出し画像

冬鳥を見に! 静岡県立森林公園へ/広報はままつ2021年2月号のこぼればなし

水辺の冬鳥を見るなら西ノ谷奥池

広報はままつ2月号の取材で静岡県立森林公園に向かったのは、2020年の暮れ、全国的に寒波が訪れていた日でした。少し雨も降るなど寒い日でしたが、そんななかでも散策をしている方の姿をちらほら見掛けました。森林公園はとても広く、天然のアカマツ林を主体とした豊かな自然を楽しむことができます。

森林公園にはいくつかの施設と駐車場がありますが、植物や生き物などの情報を得てから散策したい場合、まずはビジターセンター・バードピア浜北に向かうことをおすすめします。バードピア浜北では、テーマ展示を通して、森林公園の四季折々の自然が紹介されています。週末にはここを起点に自然観察会などの体験プログラムも行われます。

画像3

画像4

2月は冬鳥のシーズン、とバードピア浜北の澤井さんが教えてくださいました。マガモやコガモ、ヨシガモ、ツグミなどが冬鳥として飛来するそうです。水辺にやってくる冬鳥を観察するには、バードピア浜北から散策路を15分ほど歩いたところにある西ノ谷奥池が最適です。

画像1

画像2

西ノ谷奥池


マガモ1G3A5121-s_15778_marked

〈マガモ〉(写真:バードピア浜北)
手前がオスで、奥にいるのがメス。主に水辺の植物の葉や実を食べる。


コガモDSCF7543-s_15683_marked

〈コガモ〉(写真:バードピア浜北)
日本の水辺にやってくるカモ類では一番小さい。群れでいることが多い。


身近な鳥にも目を向けて

森林公園で見られる代表的な鳥として、他にもシジュウカラやヤマガラを教えてもらいました。

シジュウカラ-s_15743_marked

〈シジュウカラ〉(写真:バードピア浜北)
平地から山地の林にすむ。木の穴に巣をつくる。虫が主食。


ヤマガラDSCF3718-s_15710_marked

〈ヤマガラ〉(写真:バードピア浜北)
体の大きさに対して頭が大きく、シジュウカラよりも尾は短い。広葉樹林を好む。木の実を食べる。

シジュウカラやヤマガラは、全国の市街地や住宅地の公園などでも見かけることができる鳥。決して珍しい鳥ではありませんが、そうした身近な鳥たちが自然豊かな環境でのびのびと過ごしている姿はとても愛らしいです。森林公園に限らず、鳥たちに会いに、公園へお出掛けしてみせんか。

バードピア浜北

静岡県浜松市浜北区尾野2597-7
電話/053-583-0443
入館料/無料
開館時間/9時~16時30分
休館日/毎週水曜(祝日の場合はその翌日)、年末年始(12月29日~1月3日)


スキありがとうございます!
浜松市公式noteです。浜松市民の皆さんや浜松にゆかりのある人たちへ向けて、浜松の話題をお届けします。「広報はままつ編集室のこぼればなし」連載中!