天浜線の駅から、浜名湖サイクリングへ♪
見出し画像

天浜線の駅から、浜名湖サイクリングへ♪

浜名湖を一周するサイクリング、通称「ハマイチ」。その魅力は、なんといっても波打ち際の道を走れることです。波はおだやかで、水音や汽水湖ならではの海の香りに癒やされます。ハマイチは一周およそ65km。気軽に気分転換したい場合は、半周または周遊自転車道の一部を走るのもおすすめです。

広報はままつの紙面では、奥浜名湖観光協会事務局長の荘司 哲(しょうじ さとる)さんに、水辺の景色を楽しめるコースを教えてもらいました👇

画像8

教えてもらったコース。番号は、この記事に掲載している写真を撮った場所を示しています。

画像9

奥浜名湖観光協会 事務局長の荘司さん。気賀駅の前でパチリ!

梅雨の晴れ間のとある日、広報編集スタッフが実際にこのコースを自転車で巡ってみました!天竜浜名湖鉄道の気賀駅から出発。教えていただいた情報をもとに、都田川沿いを走ります。

画像6

①左側が都田川です


画像9

②この曲がり角から湖に沿っていきます


IMG_7688_yada_修正後_7186_marked

③青空と湖の風景が素敵で、同じような写真をたくさん撮ってしまいました😊 釣りをしている人が何人もいらっしゃいました🎣


画像6

④1つ目の目的地、プリンス岬に到着!

ここは浜名湖に突き出た小さな岬で、天皇陛下がご幼少のころ訪れた場所だそうです。

岬をぐるりと周って天浜線西気賀駅前を通り、自転車道を戻って伊目(いめ)へと向かいます。

画像8

⑤途中、小型船が係留されている小さな港がありました


画像8

⑥2つ目の目的地「伊目の野鳥海岸」に到着

パンフレットによると、ここでは冬季、キンクロハジロやオナガガモなどの冬鳥を間近に見ることができるようです。小さな公園があり、周りには田園風景が広がっていました。

画像7

⑦帰りは、都田川沿いを気賀駅方面へ

行きのときに通った道の、向かい側の道を通っていきます。写真の奥に見えている赤い橋は、みをつくし橋。歩行者と自転車専用の橋です。

***

今回は、全長10〜15kmほどの道を、1時間以上かけてのんびりと走りました。ジョギングしている人や本格的なロードバイクで走っている人たちともすれ違いました。見えるものは空と湖と山と田園と……、のびのびとした気持ちになりました。

気賀駅をはじめ、天竜浜名湖鉄道の複数の駅ではレンタサイクルが利用できます。半日空いたら、浜名湖サイクリングへ🎵


浜名湖のレンタサイクル情報はこちらからチェック👇


この記事は、広報はままつ6月号の内容をもとに、撮り下ろし写真を用いて再編集しました。
お暇なとき、またのぞきに来てくださいね
浜松市公式noteです。浜松市民の皆さんや浜松にゆかりのある人たちへ向けて、浜松の話題をお届けします。「広報はままつ編集室のこぼればなし」連載中!