マガジンのカバー画像

広報はままつ編集室のこぼればなし

16
「広報はままつ」編集メンバーが執筆。取材で聞いた話やお蔵入りした写真などをもとに、広報紙に載せていないプラスアルファの情報をつづっています。
運営しているクリエイター

記事一覧

浜松山いき隊の活動をリレーコラムで紹介しました

浜松山いき隊の活動をリレーコラムで紹介しました

広報はままつでは2022年4月号までの1年間、「山いき隊リレーコラム」を連載しました。

山いき隊とは、総務省の「地域おこし協力隊」制度等を活用した中山間地域の支援事業です。浜松市では、隊員の名称を「浜松山里いきいき応援隊」として実施し、これまで30名を超える隊員が活動してきました。

任期を終えた隊員の多くは地域に残り、引き続き活躍しています。

浜松市の中山間地域は、市街地から車で1〜2時間ほ

もっとみる
第3村のモデル地になった車両基地へ取材に行ってきました

第3村のモデル地になった車両基地へ取材に行ってきました

東海道線掛川駅と新所原駅をつなぎ、浜名湖の北側を通る天竜浜名湖鉄道(以下、天浜線)。その路線では、2021年の秋から、アニメ「エヴァンゲリオン」のラッピング列車が走っています。

ラッピング列車が走ることになったきっかけは、天浜線の天竜二俣駅が、映画「シン・エヴァンゲリオン劇場版」に登場する「第3村」のモデル地の一つとなったこと。映画の公開以降、天竜二俣駅には多くのファンが訪れています。

今回は

もっとみる
なぜ?シラスの呼び方いろいろ

なぜ?シラスの呼び方いろいろ

もうすぐシラスの漁が解禁となります。以前、2020年5月号の表紙の撮影で「シラスの天日干し」の現場に伺った際のこぼれ話を紹介します。

遠州灘に面した舞阪漁港(浜松市西区舞阪町舞阪)は全国有数のシラスの水揚げ量を誇っています。シラス漁は3月中旬に解禁され、4月中旬から6月ごろに最盛期を迎えます。写真撮影の時に「シラス」以外の呼び方(ちりめんなど)もあるのはどうして?と思い、現場でシラスの基礎知識を

もっとみる
シャトル織機でつくる綿の生地

シャトル織機でつくる綿の生地

江戸時代から織物工業が盛んだった遠州地域は、綿織物の三大産地の一つとしても知られています。

表紙に写っているのは「シャトル織機」という、糸から生地をつくるための機械です。浜松市西区雄踏町山崎にある古橋織布さんで、およそ50年前から使われているものを撮影させていただきました。

30〜40年ほど前までは浜松にたくさんの織物工場があり、ガシャンガシャンと織機の音が聞こえていたといいます。古橋織布さん

もっとみる
サウンドデザインフェスティバルin浜松2021開催〜音の可能性を体感しよう〜

サウンドデザインフェスティバルin浜松2021開催〜音の可能性を体感しよう〜

サウンドデザインフェスティバルin浜松2021楽器のまち、音楽のまち、そして現在は音楽の都として、国際的なコンクールから街角でのコンサートまで、音楽文化の創造や発信、交流に官民一体となって取り組んでいる浜松。

こうした取り組みが評価され、2014 年 12 月に浜松市は「ユネスコ創造都市ネットワーク」の音楽分野へ加盟。それをきっかけに、“音の新たな可能性”を求めて、「サウンドデザイン」をキーワー

もっとみる
浜松のサービスエリアにあるドッグランを取材しました

浜松のサービスエリアにあるドッグランを取材しました

実は、浜松市は「犬を飼っている世帯の割合」が政令指定都市で第1位なんです。そこで、広報はままつ10月号では、市内でワンちゃんと一緒に楽しむ過ごし方を紹介しました。

近年、ドッグラン併設のカフェやホテルなども増えています。少し意外な(?)場所にあるドッグランを取材してきたので、そのときの様子を紹介します。

ドッグランのあるサービスエリア新東名高速道路の「NEOPASA浜松」は、2012年にオープ

もっとみる
新しいアーチェリー場が完成しました

新しいアーチェリー場が完成しました

新アーチェリー場が完成!浜松市には市営のアーチェリー場があることをご存じでしょうか。中田島砂丘にほど近い馬込川の河口付近に位置し、高校生のクラブ活動や数多くの愛好者に親しまれてきました。2021年8月、そのアーチェリー場が同じ地区内で移転し、新しく生まれ変わりました! 

江之島アーチェリー場

安全面に配慮して、万が一にも矢が外へ飛んでいかないよう、頑丈なフェンスで覆っています。また、車イスの人

もっとみる
地域随一の絶景、浜名湖畔のパラグライダー場へ

地域随一の絶景、浜名湖畔のパラグライダー場へ

広報はままつ8月号の表紙撮影で静岡県浜松市北区三ヶ日(みっかび)町にある「パラグライダー場」に行ってきました。今回、撮影に協力いただいた浜名湖パラグライダースクール校長の青木翼さんは、パラグライダーのワールドカップに参戦するほどの腕前。これまでに世界各国の空を飛んできたそうです。

浜名湖パラグライダースクール校長 青木 翼 さん

山のふもとにあるにスクールに到着し、青木さんにお会いしました。パ

もっとみる
花を購入して浜松の産業を応援しよう! 「はままつ はなのわ プロジェクト」

花を購入して浜松の産業を応援しよう! 「はままつ はなのわ プロジェクト」

浜松は全国有数の「花の産地」だということをご存じでしょうか。温暖な気候と長い日照時間を生かして、盛んに生産されています。特にガーベラは、全国トップクラスの生産量を誇ります。

ただ、コロナ禍で学校行事や結婚式などのイベントの中止が相次ぎ、花を飾ったり贈ったりする機会が減っていることから、花の生産者や小売店が打撃を受けています。そこで市では、地元で生産されている花の購入を促すために「はままつ はなの

もっとみる
天浜線の駅から、浜名湖サイクリングへ♪

天浜線の駅から、浜名湖サイクリングへ♪

浜名湖を一周するサイクリング、通称「ハマイチ」。その魅力は、なんといっても波打ち際の道を走れることです。波はおだやかで、水音や汽水湖ならではの海の香りに癒やされます。ハマイチは一周およそ65km。気軽に気分転換したい場合は、半周または周遊自転車道の一部を走るのもおすすめです。

広報はままつの紙面では、奥浜名湖観光協会事務局長の荘司 哲(しょうじ さとる)さんに、水辺の景色を楽しめるコースを教えて

もっとみる
初夏に撮りたい! 浜松のイチオシ撮影スポット

初夏に撮りたい! 浜松のイチオシ撮影スポット

この記事は、広報はままつで紹介した情報をもとに作成しています。

浜松市公式インスタグラムで人気の場所を中心に、イチオシの撮影スポットを紹介します。

見慣れた場所でも、カメラのレンズでのぞくとまた違った印象になるはず.....!ぜひ、お気に入りの撮影スポットを見つけてください。広報の紙面では白黒でしたが、この記事ではカラー版を掲載。お蔵出し写真も追加しました。ぜひご覧ください。

絶景を訪ねて輝

もっとみる
浜松パワーフードを食べよう! レシピピックアップ

浜松パワーフードを食べよう! レシピピックアップ

この記事は、広報はままつで紹介したレシピをもとに作成しています。

おうち時間が増え、料理をつくる機会が増えたという方も多いと思います。ときには食材やメニューにこだわってみてはいかがでしょうか? 食材を選ぶ際に注目していただきたいのが「浜松パワーフード」です。

浜松パワーフードって何?
浜松・浜名湖地域で生産、漁獲され「農林水産業に携わる人の想い」や「恵まれた自然環境(長い日照時間、山間地、台地

もっとみる
浜松生まれの蒲冠者・源範頼の伝説残る蒲ザクラ/広報はままつ3月号のこぼればなし

浜松生まれの蒲冠者・源範頼の伝説残る蒲ザクラ/広報はままつ3月号のこぼればなし

日に日に春めいてきました。まもなく桜の便りが聞こえるころ。広報はままつ3月号の「出世大名家康くんのおでかけ日記」では、身近に観賞できるいろいろな桜の種類を紹介しました。紙面のなかでも大きく取り上げたのが、「蒲(かば)ザクラ」です。蒲ザクラにまつわる伝説を紙面では省略してしまったので、この記事で紹介します。

桜の種類いろいろ/蒲ザクラとはお花見では一般的にソメイヨシノを見に行くことが多いと思います

もっとみる
冬鳥を見に! 静岡県立森林公園へ/広報はままつ2021年2月号のこぼればなし

冬鳥を見に! 静岡県立森林公園へ/広報はままつ2021年2月号のこぼればなし

水辺の冬鳥を見るなら西ノ谷奥池広報はままつ2月号の取材で静岡県立森林公園に向かったのは、2020年の暮れ、全国的に寒波が訪れていた日でした。少し雨も降るなど寒い日でしたが、そんななかでも散策をしている方の姿をちらほら見掛けました。森林公園はとても広く、天然のアカマツ林を主体とした豊かな自然を楽しむことができます。

森林公園にはいくつかの施設と駐車場がありますが、植物や生き物などの情報を得てから散

もっとみる