マガジンのカバー画像

ふるさとチョイス

18
浜松市の話題をまとめています(ふるさとチョイス連携用)
運営しているクリエイター

記事一覧

住民から住民へスマホの使い方を教えます! 水窪町でスマホ普及の新たな仕組み、デジ…

65歳以上の高齢者が地域人口の半分を超えている天竜区水窪(みさくぼ)町。人口1,743名(2022…

花とレコードが迎える鴨江アートセンターの《ヒュッゲ》な空間

ちょっとした空間を彩る花たち広報はままつの記事の打ち合わせで鴨江アートセンターを訪れたと…

学んでみると便利で楽しい!シニア向けスマホ講座を積志協働センターで開催

いまや生活必需品となったスマートフォン(以下、スマホ)。行政からの大切なお知らせの確認も…

はままつフルーツパーク時之栖で一番の古株「次郎」

はままつフルーツパーク時之栖(以下、フルーツパーク)を取材しました。フルーツパークは浜松…

2040年の未来はどんな暮らし? デジタルな社会について考える講師派遣事業を篠原小学…

浜松市では、民間企業・団体との連携を通じて、便利で豊かに暮らせる街づくりを進める「デジタ…

浜松宿は東海道の中でも規模の大きな宿場だった!

今回は、浜松の歴史の話です。広報はままつ6月号では、江戸時代の東海道と、宿場町としての浜…

植物見本園を見て自分の理想の庭を妄想しちゃおう!

おうちにいる時間が長くなると、室内や庭、ベランダなどに植物を置いて、居心地のよい空間をつくりたくなりませんか。 筆者は、去年の夏から緑のカーテンを育てるようになりました。直射日光を爽やかに遮ることができるのでお気に入りです。今年も、夏に向けてツル性植物の苗を植えました😊 家で育てるならどんな植物がいいか知りたい・・・、そんなときにおすすめの公園へ取材に行ってきました! その名も、緑化推進センター「みどり〜な」。訪れた目的は別のイベントの取材だったのですが、園内を歩いてい

スキ
14

浜松山いき隊の活動をリレーコラムで紹介しました

広報はままつでは2022年4月号までの1年間、「山いき隊リレーコラム」を連載しました。 山いき…

第3村のモデル地になった車両基地へ取材に行ってきました

東海道線掛川駅と新所原駅をつなぎ、浜名湖の北側を通る天竜浜名湖鉄道(以下、天浜線)。その…

なぜ?シラスの呼び方いろいろ

もうすぐシラスの漁が解禁となります。以前、2020年5月号の表紙の撮影で「シラスの天日干し」…

「マコモダケ」でおなじみ!『万葉集』にも詠まれている植物「マコモ(真菰)」とは?

こんにちは!「浜松市万葉の森公園」担当の亀田です。 「真菰」と聞くと、『鬼滅の刃』の登場…

浜松市公式note
10か月前

シャトル織機でつくる綿の生地

江戸時代から織物工業が盛んだった遠州地域は、綿織物の三大産地の一つとしても知られています…

浜松市公式note
11か月前

サウンドデザインフェスティバルin浜松2021開催〜音の可能性を体感しよう〜

サウンドデザインフェスティバルin浜松2021楽器のまち、音楽のまち、そして現在は音楽の都とし…

浜松のサービスエリアにあるドッグランを取材しました

実は、浜松市は「犬を飼っている世帯の割合」が政令指定都市で第1位なんです。そこで、広報はままつ10月号では、市内でワンちゃんと一緒に楽しむ過ごし方を紹介しました。 近年、ドッグラン併設のカフェやホテルなども増えています。少し意外な(?)場所にあるドッグランを取材してきたので、そのときの様子を紹介します。 ドッグランのあるサービスエリア新東名高速道路の「NEOPASA浜松」は、2012年にオープンした比較的新しいサービスエリアです。オープン当初からドッグランがあります。隣接

スキ
34